2018年1月10日水曜日

中高生プログラム 「高校卒業後の先輩の話を聞こう!」(2016年11月)


中高生プログラム 「高校卒業後の先輩の話を聞こう!」報告

1120()10:0012:00東大阪市の布施リージョンセンター大会議室にて、「高校卒業後の先輩の話を聞こう!」を行ない、高校生4人が参加しました。高校卒業してすぐに就職した人、職業訓練を受けてから就職した人、大学に進んだ人の合計4人の先輩にお話を聞きました。

先輩方には、自分の進んだ道とそこに進むために準備したこと、卒業から現在までどんなことをしてきたか、高校までとの違い、今の進路を選んでよかったこと・困っていることなどについて語ってもらいました。先輩方がキチンと自分の言葉で現在の自分を語っている姿はとても頼もしく感じられました。話を聞いている高校生は皆熱心に話を聞き入って、大いに参考になったと感想を伝えてくれています。親や先生から話を聞いて自分の進路について考え、悩んでいることと思いますが、立場の違う現役の先輩からの話は新鮮だったのではないでしょうか。参加した高校生にとって、数年後の自分の姿を描くことの助けになっているといいなと思います。


<参加者の感想>

  • 就職した人は、たくさんの経験を積んでいるのが大変そうだなと思った。大学生は自分で時間割を決めたりして自己責任が難しいと思った。
  • どう質問して良いかわからなかったが、とても将来のためになる話を聞けてとても良かった。
  • ためになったと思います。これからの進路を考えるにあたって、参考にしたいと思います。
  • 高校の時にどう行動するかによって今後の未来が大きく変化するというのを実感しました。
(2017年2月会報)


0 件のコメント:

コメントを投稿